真夏の茶の間が教えるダイエットプーアル茶正しい5つの飲み方

近年ダイエットに効果的だとして注目を集めているプーアール茶ですが、実際のところ、具体的な効果はあるのでしょうか。いくら効果があると言われてもそこに理由や根拠がないと鵜呑みにするのはためらわれます。
そこで、プーアール茶の成分から身体にどのような影響を与えるのか整理していきましょう。

ダイエットプーアル茶と食事制限で痩せる夏の茶の間

まず1つ目は一番よく知られている「ダイエット」効果です。
プーアール茶に含まれる成分の中にはアミノ酸の一種であるリパーゼという酵素を体内に増やすよう促すものがあります。リパーゼは身体の脂肪を頑固な中性脂肪から燃えやすい脂肪である遊離脂肪酸という物質に変えてくれるのです。

さらに、脂肪の吸収そのものを抑制してくれる没食子酸がプーアール茶の中に含まれているので中性脂肪が増える心配も少なくなります。
また没食子酸だけでなく、カテキンも多く含まれているので脂肪だけでなく糖分の吸収も抑えてくれます。
これらの成分によって痩せやすい身体づくりが促進さていくのです。

二つ目は「腸内環境の改善」です。
プーアール茶にはポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールが不足すると腸の機能が衰え、それによって便秘にったり、本来排出されるべき老廃物などが排出されなかったために皮膚から排出された結果肌荒れやニキビ、くすみの原因にもなります。
ポリフェノールは腸の善玉菌の活動を活発にし、悪玉菌の活動を抑えてくれるのでそういった腸内トラブルを予防してくれます。
また、きちんと老廃物などが排出されるようになるので肌荒れやニキビも改善されていきます。

三つ目は「アンチエイジング」効果です。
プーアール茶にはポリフェノールやカテキン以外にもタンパク質、ミネラル、ビタミン、マグネシウムや多種類のアミノ酸が含まれているので老化を防止するのにも効果的です。

さて、ざっと並べただけでもとても魅力が感じられるプーアール茶ですが、実際に購入するときに気をつけておきたい点があります。
それは「産地」と「飲みやすさ」です。
プーアール茶はカテゴリでいうと中国の黒茶と呼ばれるものなので、木や葉を感じさせる独特の風味を持っています。

実際にダイエットプーアル茶は飲んできれいに痩せることで知られています。
ダイエットプーアル茶の専門サイトには下記のようにその効果が記されています。

転職のストレスで10kg増!いつの間にか太ってしまい、これではいけないと普段の生活に簡単に取り入れられる、ダイエットプーアル茶を飲む事に。
毎日の飲み物を全部、これにかえて後は、ほぼ今までと同じ生活、1日に1Lくらいは飲んだと思います。
まず、トイレが近くなり、むくみがスッキリ取れました。

足のむくみがひどくて、夕方になると靴が履けないくらいだったので、解消されただけでも嬉しい!
むくみがとれただけで、足がびっくりするくらい細く見えます。

足が太くて悩んでいる人は、むくみを解消するだけで、細く見えるのでおすすめです。
体重は、ゆっくりのペースで落ちています。
出典:ダイエットプーアール茶の口コミは嘘・ホント?管理栄養士が大暴露!

このことからもダイエットプーアル茶がいかに優秀で素晴らしい飲み物かということが分かるのです。

初めてプーアール茶を試す人には日本人向けにそういった香りや味が調節されたものが良いかもしれません。
もちろん本場の味を楽しみたい方は加工されていないものも販売されています。
そこで、飲みやすさをはかる指標として注目すべきなのが産地です。
以前は本場中国で栽培されているものがほとんどでしたが、近年は国産のものも登場してきているので自分のニーズに合わせて選んでいくことが大切です。

私は、今までいろいろなダイエットをしてきました。
今までは、短期間で効果を出したいからといって、朝昼晩のご飯で炭水化物を抜いたり、摂取カロリーを大幅に減らしてみたりして、極端なダイエットをしてきました。
ですが、どのダイエットも長続きせずに、数日で諦めて、せっかく数日間はダイエットのためにいろいろと無理をしたのに、リバウンドをしてしまって、努力が水の泡になっていました。

そんな、いろいろな失敗を経て、考えた事があります。
それは、「晩ご飯を少し控えて、カロリーを抑える」というダイエットです。

私は、今までお昼ご飯をダイエット食品にして、ダイエットしてみたりしたのですが、朝とお昼はご飯を普通に食べても、体重に特に変化はありませんでした。
この前、テレビを見ていると、朝の10時頃から4時くらいまでは食べた脂肪が体につきにくいそうです。
なので、お菓子を食べるのも、この時間内であれば、夜中にお腹がすいてお菓子を食べてしまうよりも健康的みたいです。

なので、朝とお昼はしっかりとご飯を食べて、もしもお腹がすいたらお菓子を食べて、晩ご飯でたくさん食べないように、努力してみると、一日の摂取カロリーが一緒でも、晩ご飯を控えるという食べ方をするだけで、体重を減らす事ができることが分りました。

私は、今まで、お昼ご飯を控えめにしてしまうことがあったので、そうすると、夕方頃からお腹が減って、結局は晩ご飯をたくさん食べ、さらに、晩ご飯を食べた後にお菓子を食べて、夜の9時頃にはお腹がいっぱいで後悔するということがよくありました。
これが、私がダイエットが成功しない原因だったのかなと思います。

今は、朝とお昼は普通にご飯を食べています。
もちろん、昔のように、お菓子を一袋たべてしまったりという、食べ過ぎは控えるようにしていますが、お菓子も、一つ食べたり、アイスクリームを食べたりして、甘い物を楽しんで食べています。
そのようにして、晩ご飯は人並み程度か、それかお米を少し控えめにしてみたりしています。
そうすると、お腹いっぱい食べるという事が無くなり、ウエスト回りが少し細くなりました。

体重も、1ヶ月で1キロほど痩せました。
とくに、無理をせずに、食べたい物を食べながら、食べ過ぎないように気をつけるという感じなので、食べたい物が夜中に会った場合は、「明日の朝に食べよう」と自分に言い聞かせる事ができます。
このまま、無理をしないダイエットを続けて、後1キロは痩せられるように、がんばりたいと思います。

飽きやすい私のダイエット体験談から痩せ方を学んで

こんにちは。
今回は、私のダイエットの体験について話していきたいと思います。
私は、今まで色々なダイエットに挑戦していきました。
その中で良かった方法と良くなかった方法についてお話します。
まず、良かった方法は筋トレとウォーキングといった運動を中心としたダイエットです。
このダイエット方法は今でも実践していてゆっくりですが、確実に体重を落としいってます。
それに運動不足も解消されるので、健康的に痩せる事が出来ます。
私がしている内容としては、腹筋と腕立て伏せ、背筋、スクワットを毎日しています。
ウォーキングは、今は週二回といったところです。
でも、これだけで徐々に痩せていきました。
この運動中心のダイエットでは、食事はいつも通り三食しっかりと食べています。
それで痩せる事が出来るのだから良いことだと思います。
次に良くない方法についてです。
良くない方法は、私も一人暮らしをしている時に実践してました食事制限の食事関係のダイエット方法です。
これは、とにかく精神的にも体力的にも辛いものでした。
友人との食事になかなか行くことが出来なかったり、我慢することで食べれる時に食べないとって感じになって、沢山食べてしまったりします。
その結果、余分な栄養まで摂取してしまって、ダイエットする前よりも太ってしまいます。
それに私は体調を崩してしまったことがあるので、食事制限のダイエットはあまりおすすめ出来ないです。
これが私の体験してきた中で思ったことです。
人によっては運動中心が合う人もいれば、食事制限が合う人もいるかもしれません。
自分に合ったダイエット方法をゆっくりと探して見た方が良いかもしれないです。
私には運動中心が合っていたので、このまま継続して続けていきます。

炭水化物を控えるダイエットで体重を落とす

体重を落とそうと考えるなら、運動をして脂肪を燃やす方法か、食事の量を減らして体重を落とす方法が挙げられます。
しかし、普段から身体を動かていない人が、いきなりジョギングを始めても、すぐに諦めてしまうことが少なくありません。
反面、食事もいきなり1日1食した摂らないというパターンもオススメすることができません。
栄養不足で、健康を損なうリスクか出てきますし、むしろ限られた食事の中で、栄養を吸収しようと活発になるので、リバウンドの原因にもなってしまうからです。
最低でも1日1500kcalは摂る必要はあります。
これは基礎代謝と言って、生命を維持するために最低限のエネルギー量として必要だからです。
食事制限で体重を落とすことは、栄養バランスを考えた食事にすることがき重要となってきます。
その中で必要なのことは、炭水化物を抑えることなのです。
炭水化物は、体内で脂肪として蓄積されていきます。
車で言えば、ガソリンタンクを満タンにするようなことです。
しかし、あまりにも貯めすぎてしまうことで、太ってしまうのです。
したがって、炭水化物を控えることが、食事制限によるダイエットの成功のポイントなのです。
但し、控えるタイミングが大事です。
身体が活動している時は、常に脂肪を燃やし続けていますので、炭水化物を摂っておく必要があります。
しかし、夜になると脂肪を燃やす活動は維持されるものの、燃焼量が少なく、燃焼量がなるために、炭水化物をこの時期に摂ることは、太ってしまう原因になるのです。
このことから、夕食、夜食にご飯や麺類等の炭水化物類を摂ることは、控えることが必要なのです。
朝と昼の食事は、ガッツリと炭水化物を摂ってもいいのですが、夕食だけは、ごはんを食べないのです。
夜に炭水化物類を取らずに、他の食材で、代替せるのです。
野菜類や肉類でも構いません。
最近、流行っている炭水化物ダイエットがこの内容なのです。
この食事の見直しだけでも、半年で10Kgも体重を落とすことに成功した人がたくさんいます。
決して、無理のない食事ダイエットです。
痩せようと焦って食事の量を減らすことは、健康障害となることから、決して、かなりやってはならないことです。
一時的に体重は落ちることになりますが、これはダイエットと言うよりも、飢餓状態となっていますので、身体がおかしくなっても不思議ではありません。
健康的に痩せる方法を理解して、無理なく進めることが、とても大事なのです。

ダイエットを長続きさせるにはどうしたらいいの

私は過去にカレーダイエットというものを実践しました。内容はいたってシンプル、朝カレーのルーを食べるだけというものです。効果として朝からカレーを食べることにより新陳代謝を活性化させ痩せやすい体質を作るといったものです。私は非常に飽き性で幾度となくダイエットを失敗してきました。炭水化物抜きダイエットなども実践したことがありますが私はとてもお米が大好きなのではじめは痩せてきたのですが、やめたとたんリバウンドしてしまいました。やはりダイエットをするうえで大事なのは長く続けられるかどうかがカギだと私は思います。長く続けるには好きな事をやった方がいいと思うかもしれませんが、私はなんといっても飽き性なので好きなものでさえ飽きてしまい、最終的には嫌いになってしまうこともたびたびありました。そんな私が唯一続けられたのがカレーダイエットだったのです。私でも不思議なのですが普段カレーを食べている時は3日も続けば飽きるのですが、朝カレーを食べるという行為はなぜか飽きませんでした。また冬場などは朝からカレーを食べることにより体が温かくになり出勤する際にすごく快適でした。このように味以外に自分自身にとっての付加価値が見いだせるものでしたら長く続けることが可能ではと考えるようになりました。またダイエットをする際に目標をきめ、それに向かって計画的に行うことも大事ですがそれ以上にモチベーションの維持向上が大事です。その上でモチベーション向上のために自分の欲望のために頑張るといったサイクルを作ることが重要だと思います。私の場合は朝カレーを食べることにより汗をかけるようになった。汗をかくことにより代謝アップ。寒い通勤が楽になる。体重が減ることにより食欲を我慢せず過ごすことができるといった具合に進んだので長く続けることができたのだと思います。このように理想的な自分の過ごし方を送るためのサイクルを作ることができればダイエットは長く続けることが可能だと思います。このサイクルを作るのは人それぞれなので難しいと思いますが、ダイエットの数は本当に無数にあるのでいろいろと試してみることが大事だと思います。その中で自分自身にあったものを見つけ、ダイエットによって得られる付加価値を見つけることができればダイエットは成功し新しい自分への扉が開かれると思います。根気も大事ですが無理のなく自分にあったサイクルを見つけることが結果として一番ダイエットとして成功するでしょう。

二つの簡単ダイエットできれいに痩せる!

私が行っている簡単ダイエットは二つあります。
まず一つ目は、家計簿(おこずかい帳)をつけるというものです。私は、今まで家計簿をつけていませんでした。知らず知らずのうちに財布の中のお金は消えていきますが、脂肪は増えていく一方…。おそらくお菓子やジュースなどを毎日コンビニなどで買った結果、お金は無くなり、脂肪が増えていったのだと思います。そこで私は無駄な出費・消費をしないように家計簿をつけるようにしました。家計簿をつけ始めてから、自分が月にどれだけ食料にお金をかけているかを把握できるようになり、「今月は使いすぎたからお菓子を買うのは控えよう。」いう気持ちが湧き、無駄な出費・消費が減っていきました。家計簿をつけるときに私が気を付けていることは、「食費」とだけ記入するのではなく「食費 お菓子」、「食費 夕食のおかず」といった風に細かく書くということです。食費と言っても生活するうえで必要な出費なので、この食費は生活するうえで必要なものなのか、間食分なのかなどをはっきりさせることで、お菓子などに使いすぎているかいないかがわかります。それにより財布の中から知らず知らずのうちにお金が無くなったということは無くなり、脂肪も増えることは無くなりました。まさに一石二鳥の簡単ダイエットです。
二つ目のダイエット法はバランスボールに乗るという方法です。学校の授業でバランスボールをして、すっかりバランスボールの楽しさに惹かれた私はすぐにバランスボールを購入しました。机で勉強するときに椅子をバランスボールに変えて、エクササイズしながら勉強をするということから始め、テレビを見るときやスマートフォンを触るときなど少しの時間でもバランスボールに乗るようにしました。要するに生活の一部にバランスボールを加える、バランスボールと共存ダイエットです(笑)そんなに効果がないのでは?と思うかもしれませんが、私はこれを3か月続けただけで、多くの友人から「なんだか下半身が引き締まった?」と言われました!バランスボールが好きだから続けられたというのもありますが、何より簡単なので続けられました。断食したりジムに通ったりしている友人がいますが、食べることが大好きな私にとって断食は無謀だし、お金がない私にはジムは厳しいと感じました。このバランスボールダイエットは楽しくまたお金があまりかからないという点でも私にぴったりのものでした。
今回紹介したダイエットは本当に簡単なものなのでどなたでもできると思います。是非、いろんな方に試して頂きたいです。

食べて、動いて、出す、が痩せやすい身体の基本

実は私、2年前まで一年間台湾に住んでいました。そのとき、ダイエット専門の漢方クリニックに半年間ぐらい通ったのですが、その効果はかなりのものでした。日本に戻ってからは漢方クリニックに通うことは一切なくなったのですが、台湾に通っていた漢方クリニックのダイエット法をできるだけ日本で続けられるよう、食生活や身体の調子を台湾にいるときとできるだけ似た状態に保つために努力しています。そのおかげか、処方されていた台湾独特の漢方薬なしでも当時の体型を保つことが今でもできています。

 台湾の漢方クリニックでは食べたものを全て記録して先生に毎週見せるという課題がありました。また、体質により避けた方が良いものや積極的に食べた方が良いものの表ももらいましたが、私の場合は揚げ物や辛いものなどの刺激物は極力避けた方が良いとのことでした。多分これはどういった体質の人でも避けた方が無難な部類の食べ物だと思います。また、冷えやすい女性の場合、キウイやグレープフルーツなどの果物は身体を冷やすものなので避けた方が良いと言われました。りんごは身体が冷えないので一番おすすめの果物みたいです。また、一番身体が冷えやすい夜にはサラダや果物の生ものは避けた方が良いとのことです。夜に摂った糖分は蓄積されてしまうので、夜に果物を食べるのもあまり好ましくありません。また、夕飯は7時までに食べ終え、糖質、つまり炭水化物はできるだけ抑える方が体重が落ちます。漢方医の先生に言われたことを頭に入れておきながら、日本でも当時と同じような食生活を続けるようにしています。

 また、漢方クリニックではある漢方薬を処方されていたのですが、それは食欲を抑え、代謝を良くするための漢方薬、と言われていました。明らかにお通じが飲んでいないときよりよくなり、ときには少し下痢っぽいときもありました。この漢方薬は恐らく日本で手に入れることはできないため、同じような効果をどうやったらもたらすことができるか考えたところ、まずは便通をよくするために下剤を飲むことを考えました。痩せたい人が下剤を飲むのはよく耳にする話ですが、やはり飲みすぎは身体に良いことはありません。下剤に長期的に頼り過ぎた結果、自力で便を出せなくなってしまう人も中にはいるみたいです。そういった危険を避けるために、私は一週間に一度だけ、ドラッグストアに売っているセンナ配合の便秘薬を寝る直前に飲むようにしています。そしたら翌朝のお通じが特別スムーズになり、出る量もいつもより多くなります。これで週に一度だけ、お腹の中がクレンジングしています。もちろん週に一度だけですし、お通じが良い週は下剤はスキップするときもあります。もちろん下剤は食欲を抑える効果はないので、それは自分の精神で食べ過ぎを抑えるように心がけています。

 運動に関しては漢方医に通っていたときより運動量を増やしました。脂肪を燃やしますい身体を保つため、腹筋や背筋を毎日自宅で300回ずつやるようにしていますし、時間がある日や週末などにはその他に公園を1時間ジョギングするようにしています。

 結局漢方医で処方してもらっていた漢方薬が効いていたのか、食事法と運動が効いていたのかは今となっては分かりません。今になってもリバウンドしていないということは、食事法と運動、またときどき飲む下剤によるお通じの促進が効いているのだと思います。漢方クリニックやダイエットプログラムなどに通わなくても、良いものを選んで食べ、運動して動き、不要なものは出す、といった習慣が肥満予防に一番効果的だと思っています。

夏以外にもできちゃう夏場のダイエット方法

夏以外は外がすごしやすいのでウォーキングがとても捗ります。
しかし夏は暑いですし、女性の場合は紫外線も怖いのでどうしてもウォーキング以外のダイエットを、と思ってしまうと思います。
私もそんな一人です。しかし今までずっとウォーキングダイエットを行ってきていたのに、急にそれを何に変更したらいいのかなんか分からないものです。
しかもなるべくなら家のなかで、紫外線や暑さに関係なく行うことができるものがいいなぁと思うのですが、などモヤモヤ考えていても仕方ないのでネットなどの情報を頼りに踏み台昇降を始めることにしました。
最初は階段などを使って行っていたのですが、階段ですと段がきつすぎて将来的にヒザを壊す可能性もある、と聞きアマゾンで販売している踏み台昇降の段を購入しました。自分で雑誌を束ねてそれを踏み台にしてもいいのですが、一般的な台の高さが分からないことや雑誌を普段購入しないので踏み台を購入しました。市販で皆が使っているであろう台ならそう簡単にヒザが壊れることはない、と思ったのです。
踏み台は10センチと15センチに分けることができ、自分の調子に合わせることができます。一番最初の慣れない頃は10センチで行うことにしました。10センチでも30分続けていると汗をかくようになり、今までウォーキングで使っていなかった筋肉が鍛えられる感じがありました。
夜中にこむら返りをしてしまったことがあり、その対策として踏み台をし終えたら足のマッサージを行うことを徹底しました。ふくらはぎの筋肉が鍛えられますので筋肉がとても発達してしまいます。
せっかくダイエットをしているのにふくらはぎがムキムキですと、格好はいいけど女性らしい体つきではない、と私は思ってしまったのでマッサージは結構重点的に行いました。
10センチが慣れてきて汗をかかなくなってきたときに15センチに高さを変えて挑戦しました。5センチの差くらい問題ないだろうと思っていたのですが、これが結構厳しく、15センチの台にしてから一年は経過するのですがいまだに30分以上継続してやろうとすると結構きついものがあります。
徐々にマッサージも慣れてきて、いつものウォーキングよりもカロリーを消費することができるようになり日焼けの心配もなくなって、普段使っていない筋肉も鍛えることができるようになりました。
今はウォーキングを行ったり、踏み台を行ったりを定期的に交換し、鍛える筋肉や消費カロリーを調整していますが、踏み台のほうが痩せやすく一ヶ月で3キロほど痩せることができました。
あと、相乗効果なのか腹筋も鍛えられお腹周りもすっきりしてくれたのでありがたいです。
踏み台を家で行っているときには雑誌を読んだりDVDを観たりなどもできますので、時間の経過が早く感じるのでオススメできます。